2011年07月15日

九州ツアー おきよ食堂編

昨晩、どこをどう歩いてホテルまで帰ったのやら。

普段なら二日酔いで苦しむ状況ですが、あれがいい運動になったのか、朝、爽やかに目覚める。


そして、本日も食べ歩きます!



地元の路線バスを乗り継いで、向かうは博多の魚河岸、長浜地区の市場会館へ。


オフィスビルかと見間違うばかりのきれいな市場会館、中へ入れば魚介料理の店が並んでいます。


店の表に写真メニューが。

おきよ食堂


とにかく安い。

おきよ食堂


場所柄、変なモノは出さないでしょう。
なんたって市場の食堂なんだから。


では、そのうちの一店、おきよ食堂へGo!
心踊る瞬間。

おきよ食堂




さて、まずは・・・

おきよ食堂

カンパイ!

昨晩、あれだけ呑んだのに、今日もまた朝からビールかよ!
ビールは酒じゃない?!
食前酒だ?!



銘銘、頼んだものが目の前に。

おきよ食堂



ご注文の品、繰り返させていただきます!


ごまブリ定食
おきよ食堂


塩さば定食
おきよ食堂


初日にも口にして、感動したごま鯖とごまブリの琉球
おきよ食堂


アジフライ定食
おきよ食堂


いか天プラ定食
おきよ食堂



ふぅぅ、ご馳走様でs・・・


おきよ食堂

あれ?おかずをツマミに、しっかりと呑んでるじゃん!
posted by 金原亭 小駒 at 19:59 | Comment(14) | 九州ツアー

九州ツアー 中州川端編

店を出て、腹も満たされて、冷たい風に吹かれながら、そぞろ歩き。

ここで、ちよりん嬢が戦線離脱。
あららら、博多まで日帰りで、飯だけ食いに来たのかよ!偉いねぇ!
博多駅まで距離があったので、たまたま通りかかったバスに飛び乗って、帰っていきました。


一方、岡先生は、博多で歯科医をしている大学時分のご学友と会うため、ここから一旦、別行動。


じゃ、ウチらは、ホテルに戻って、部屋呑みと行きますか、なんて流れでした。
近所のコンビニで酒を買い込んで、ひと部屋に集まって、乾杯〜!


・・・と、そこへ一本の電話が。
声の主は岡先生。

どうも、ご学友先生は、芸人連中も一緒についてくると思って、人数分、支度してくれてた、と。
そりゃ、センセイの仰せとあらば、どこでも馳せ参じますとも!



再び、部屋を出発。
行く先は、博多の繁華街、中州川端。
その博多の歯科先生のお姉様がコーヒーショップをやってて、貸切でお酒とおつまみを用意してくださった、ということで。



中州川端




中州川端

高価そうな瓶のお酒、これが美味くて・・・


中州川端

あっという間に呑み干す!

ここまでずいぶんと呑んでいるのに、さらにこの瓶焼酎を生(き)で煽ったもんだから、みんなベロベロ。



中州川端

酔った芸人たちは、普段高座ではお目にかかれない余興でご機嫌を伺う。


どこまでマジだかイタズラだか・・・

中州川端

渋く決めて、ロックを煽る金八師匠。

ご当人いわく、もうここら辺から記憶が飛んでるらしい。
酒の力は怖い。




そして、さらに店を移して、ご学友先生行きつけの高級会員制バーへ案内してくださいました。

中州川端

お店のお姉さんたちと楽しい語らい。
そして、いじられて光る金八師匠。


でも、あんまりいじり過ぎると怒ります。

中州川端

怒った様(さま)。



さらに金八師匠はスパークして、形態模写を始める。

中州川端

『ひとりSM』
ムチで打たれながら悦びの声を上げるM男を、仕草を交えつつ演じる名人芸。

店中、拍手大喝采。

これから先の写真は公序良俗違反のため、どうにもお見せできません。



夜更け、店を出る一行。



お姉さんからお別れのキスならぬ、お別れのビンタを食らうM男。

中州川端

その瞬間を激写!
posted by 金原亭 小駒 at 19:11 | Comment(0) | 九州ツアー

九州ツアー おおいし編

引き続き、半年ぶりの更新中。
新宿・末広亭の昼席、高座が済んでから近所の喫茶店で更新。
楽屋へ戻り、昼トリの才賀師匠にご挨拶して、楽屋二階で小袁治師匠とインターネット落語会の枠撮り。
また外で更新しつつ、夜席終演後、復興支援寄席のお手伝い&三之助兄さんと、また枠撮りの予定。
以上、現状説明。
そして、再び旅ブログの続き・・・




ひとっ風呂浴びて、ホテルでちょっと休んで。
心清らかに、向かうは博多のもつ鍋屋。

金八兄さんが持ってきた『るるぶ』を頼りに店に行ってみると・・・ない!
通りかかった郵便屋さんに尋ねたら、移転したらしい、とのこと。
また途中で道を聞きながら、その移転先を見つけ出し、入店・・・え?いっぱい?!

そ、そんなぁ・・・
崩れ落ちそうになる我々に、店の方が、近くの支店なら入れます、と。
じゃ、そっちに行きますから、予約しておいて!と頼んで、また夕暮れの博多を歩く。


おおいし
発見!!
博多もつ鍋 おおいし 住吉店 美野島店

かなり歩いたね。いい腹ごなしになったよ(笑)


おおいし

枝豆、旨かった!茶豆かな。




おおいし

もつ鍋は、醤油味と味噌味があったので、ふたテーブルに分けて、醤油チームと味噌チームに。



おおいし

もつ、もやし、キャベツ、その上にはたっぷりのニラ。
グツグツっときたら、いただきます!


周りのテーブルでも、もうもうと湯気が上がって、もつ鍋のウマさと相まって、ビールの進むこと!

おおいし

モツと、野菜もお代わり!



おおいし

〆はラーメン。
(香港で食べた、やはり鍋の締めのラーメンが、出前一丁だったのが記憶に蘇ってくる・・・)

香港
<H16 香港ツアーより>


おおいし

ふぅ、うまかった!ご馳走様でした!
posted by 金原亭 小駒 at 18:25 | Comment(0) | 九州ツアー

九州ツアー 鶴亀湯編

さて、と。
よく歩いて、よく食べて、疲れた一行はホテルにチェックイン。

また夜にもおいしい店に行くので、一旦、休憩。

夕方の集合時間まで余裕がありますなぁ。
こう、疲れた時には、大きな湯船に浸かるのが、最高のリラックスタイム。
ってなわけで、Google Mapで「湯」と検索。
付近の健康ランドや入浴施設がピックアップされます。

お、「鶴亀湯」ってのがありますな。
これは、おそらく銭湯でしょう。
ストリートビューでチェックしてみると、高い煙突が見えます。
間違いない。
That's a 銭湯!

便利な世の中です。旅先で、すぐに銭湯を見つけられるんだから。


Google Mapを頼りに10分ほど歩くと、出てきました『鶴亀湯』

鶴亀湯
背後の高層マンションとの対比がすごい。


鶴亀湯
きれいな入り口でした。近年、改装したんでしょう。


鶴亀湯
入浴料金の看板がなければ、人の家に上がりこんだかのよう。


洗髪料の看板、これは珍しい!
現在ではほぼ絶滅した洗髪料金。関東近郊では見たことがないです。
鶴亀湯
よく見たら、毛染めをして洗い流す場合の特別料金ですな。
東京の銭湯では、基本的に毛染は禁止してますね。


湯船の写真は撮ってませんが、いい湯でしたよ。
番台のおばちゃんにも店の歴史などいろいろ聞きましたが、忘れちゃった(笑)

そうそう、湯銭払ったら、オイラが手ぶらだったので、
「せっかく銭湯に来たんだから、体も洗っていきなさい」って、タオルと石鹸を貸してくれました。
うぅぅ、旅先で親切にされると、人情が心に染みますなぁ。
posted by 金原亭 小駒 at 15:47 | Comment(0) | 九州ツアー

九州ツアー かろのうろん編

かろのうろん
博多に行ったら、ぜひここにも寄ってみたい!とリクエストした店。
うどん好きとしては、「その店、行ったことあるよ!」と言いたいのよ。

角のうどんがなまって、かろのうろん、になる。

かろのうろん

浅田飴のCMで有名になった店。
ご実家のお寺さんでの寄席、『永住亭』でお世話になっている永六輔さんが出演していたそう。
もっとも、アタシが生まれた頃のCMだから全く知りません。


かろのうろん
柔らかいうどんに、薄口のつゆ。

みんなでうどんを啜る、平和なひととき。
かろのうろん
posted by 金原亭 小駒 at 15:28 | Comment(0) | 九州ツアー